若ハゲの症状とは

男性の方でとても気になる症状のひとつに頭髪の問題があります。頭髪が薄くなって地肌が目立ってくると、かなりのショックを受けてしまいますね。若ハゲと呼ばれ、回りからの自分に対する評価などが非常に気になってしまいます。

また、若ハゲである故に実年齢よりもかなり上に見られてしまうといった場合も多々あることでしょう。どうにかしたいと思っても、確実な改善方法が少ないだけになかなか重大な問題でもあるかと思われます。

しかし、簡単に若ハゲとは言いますが、いったい若ハゲの症状とはどのようなことを言うのか、しっかりと理解しているかたはいらっしゃいますか?

若ハゲといわれる頭髪の現象は男性型の脱毛症とされています。その中でもおでこの両脇から薄くなりまるでアルファベットのMのようになってしまう髪型が男性型に多い脱毛症の特徴のようです。

脱毛症と言われると何かの病気かと心配になりますが、中には深刻な病気のために脱毛となる場合もあります。

しかし男性型の脱毛症の多くは男性ホルモンのバランスが重要となり、ホルモンが原因で頭髪が抜けやすくなる、生えにくくなる、毛髪が細くなってしまうといった状態となってしまうのです。

同時に、脱毛は毛髪へ必要な栄養素が行き渡らない事でも発生します。そして、Mのような形以外にもいくつかの形で頭髪は薄くなってしまうことも多々あります。早い人では10代後半から若ハゲの症状が出る場合もありますので、注意をして観察しましょう。

若ハゲの考えられる原因

若ハゲになってしまうと、男性の方は非常に大きなショックを受けてしまうことと思います。しかし、若ハゲは全員が経験するものではありません。
人によっては晩年となっても頭髪量はしっかりと多く、見た目年齢は若く過ごしている方もいらっしゃいます。

しかし、多くの方は年齢とともに自然と頭髪量は少なくなっていくことが多いですね。その中でも若い年代から通常よりも頭髪が少なくなる若ハゲは、何らかの原因があると思わざるを得ません。では、若ハゲになってしまう原因とは一体どのようなものが考えられるのでしょうか。

原因と思われるものは個人差や環境により様々なものがあるので、これとは言い切れないのですが、いくつか考えられるものを紹介してみたいと思います。

まず、考えられるひとつとして知られているものは遺伝によるものです。確かに、親や祖父が薄い頭髪であると、子供は似るとは言います。これは研究にも証明をされており、全く関係がないとは言い切れないようです。

その他として考えられるのは、男性ホルモンの増加が深く関与されるため、日々のストレスや偏食した食生活、不規則な睡眠時間等の生活などが考えられます。

これらは、近年のストレス社会の増加により、より深刻なものであり、体調面でなく精神面でも大いに関係をしてくるものですね。

それらのマイナス面な作用が繋がり、結果的にはホルモンの異常に関わり男性の場合は若ハゲへの影響となってしまうのでしょう。

何歳から若ハゲ?

男性の方は若ハゲを非常に気にしてしまいます。若ハゲでなくとも、どの年代の方でも自分の頭髪の量の変化には敏感になる事と思われます。女性でもヘアスタイルに関しては気になるところですが、男性でも同じことが言えるでしょう。

しかし、ここで疑問と思う事は、いったい若ハゲはどの年齢で抜け毛が多くなると若ハゲと言われてしまうのでしょうか。もちろん、10代のころから不運にも男性型脱毛症となってしまった場合は若ハゲと言えるのでしょうが、この若ハゲの分類の上限年齢はどのくらいなのかということです。

高齢となればある程度の頭髪の薄さは年齢からくるものと受け入れることができますが、若ハゲとなるとなかなかすんなり受け入れることが難しいと感じる方ばかりでしょう。ここでは、男性型の脱毛症の発症率を参考に若ハゲと言われる年代を考えてみたいと思います。

男性型の脱毛症は多くの男性が経験するもので、全体の3割くらいと言われていますが、その中で発症率が高い年代は70歳代がピークのようです。そして、脱毛発症を自覚する年代は40代に入ると3割以上と急に増えはじめます。

20代では一ケタ、30代でも1割くらいと少ないので、これらのことから20〜30歳代での脱毛を自覚すると若ハゲという分類になってしまうのかも知れません。さらに、20歳代では割合の少なさから特に深刻と言えるでしょう。少しでも早く何らかの対応が必要と思われます。原因をつきとめ適切な治療や対応を行ないましょう。

マイナチュレの効果が知りたい方はコチラへ

若ハゲ注意の人は?

男性であればなるべく若ハゲにはなりたくない、同僚がまだ頭髪が多くおしゃれを楽しんでいるのに自分は若ハゲでヘアスタイルにも気を遣うという状況は、なるべくは避けたいものです。

若ハゲになりやすい人はどのような特徴を持っているのか、それだけでも分かれば若ハゲにならないように、または若ハゲの発症率を低くする努力はできることでしょう。


若ハゲとなる原因から予防策を講じる事が良いかと思われますが、確実な原因というものははっきりとは言い切れません。多くはこれらの原因が予想されるだろうというものです。全く気にしない生活より、配慮をした生活の方が若ハゲ予防にも違いがあるでしょう。

気になる方は自分の状況と照らし合わせ、思い当たる方は気をつけた生活をすると良いのではないのでしょうか。

男性ホルモンの多さから若ハゲの関係性が知られています。原因のひとつとしては遺伝によるもので父親や祖父の体質を受け継いだ結果によるものです。

100%遺伝とは言い切れませんが、ハゲ家系と疑われる場合は日々の生活態度に注意しハゲを進行させない努力が必要でしょう。また、脱毛の原因となる脂性肌やフケが多い方も注意が必要です。男性の方は特に生活態度に無頓着です。

暴飲暴食、喫煙、多量のアルコール、不規則な睡眠などもホルモンバランスを崩します。また、ストレスも大きな要因と言われます。もともと短気でイライラする人やストレスをすぐに受け自覚しやすい人は要注意でしょう。

若ハゲで考えられるデメリット

もしも若ハゲになってしまったら、それを考えるだけでも恐ろしいと思ってしまう方もいるかも知れません。しかし、現実から逃げてはいけません。

もしも若ハゲとなってしまった場合しっかりとデメリットを考え、できるだけ早く適切な対応を行なう事で若ハゲによる症状やデメリットを最小限に抑えることも可能でしょう。現実から逃げるのではなく、改善のためにしっかりと自分を見つめる事です。

もしも自分の頭髪の薄さに気づいてしまうと、まず多くの方は自分の髪のことばかり気になってしまうことでしょう。周りからみたらそれほど気にならない状況なのに、過敏に反応をして少しのことでもマイナスな方向へと考えてしまいがちです。

そうすると、周りの目が気になり自然と外出をすることもファッションを楽しむことも控えがちとなってしまうでしょう。また、頭髪が少なくなってしまうと、必然的におしゃれなヘアスタイルがしにくくなるので、流行に敏感な方は特に痛手となります。

一生懸命ハゲを隠そうと返って不自然となる場合も多々見られます。このようなちょっとしたストレスやショックが積み重なることで精神面でも良いわけがありません。

落ち込みや、最悪の場合はうつ症状を発症してしまう可能性も否定できないのです。人との交流も楽しめず自分の殻に閉じ籠ってしまうのです。このようなマイナス的な要因はさらに若ハゲを助長することとなります。重症とならないうちに早めに対策を行なう事が必要ですね。